夢を諦めず、挑戦し続ける人へ。

10代のころはとにかくやんちゃで、
実の親にまで見放させるほど、
手の付けられない若者でした。
そんな僕が生まれ変わる

きっかけになったのが

「格闘技」です。

はじめはただ、
「喧嘩が強くなりたい」

「誰よりも目立ちたい」
という軽い気持ちでしたが、
汗をかき、自らを追い込み、プロになり、
拳を交えるごとに、
少しずつ自分の心に変化が現れました。

自分を認めること。
相手を認めること。
自分を許すこと。
相手を許すこと。

プロとして闘い生き残っていくというのは、
想像以上に過酷な日々でしたが、
格闘技を通して己と、

そして相手と向き合うことで
人生における大切なことを

学ぶことができました。

現役選手としての活動は
2018年5月のKICK ADDICTで

終止符を打ちましたが、
この狛江convenientス
ペースは、
そんな僕の次なるステージです。

どんな世界でも、夢をつかむ人というのは

ほんの一握りかもしれません。
でもその夢を諦めず
挑戦し続ける人を、
狛江convenientスペースは

応援し続けたいと考えています。

狛江convenientスペースマネージャー

​錦 和道

©KOMAE Convenient SPACE